歴代のペットの入浴と毛の乾燥法

動物の濡れた毛の匂いが好き、いいや、嫌い、人それぞれでしょう。
私は、どちらでもないのですが、何匹もペットを飼ってきたので、
お風呂にいれると、自然に、動物の濡れた毛の匂いに慣らされるもので、
何も違和感を感じないのです。
主に、犬と猫をお風呂に入れてきましたが、毛の乾かし方にも、
色々あって、面白いものだと感じます。
犬は、だいたい、ぶるぶるしながら、なめながら乾燥しますが、
飼い主の都合で、早く乾かしたいので、タオルで拭いてやります。
ドライヤーを嫌がるので、ひたすらなめさせながら拭くのですが、
なにせ、大型犬ほど、ぶるぶるされた時のとんでくる水の量が
半端ではありません。マルチーズクラスの犬でも、大変でしたが、
そんな物ではないのです。
では、猫はというと、こちらもなめなめ、しかし、2匹いると、
横着な物で、一匹は、自分のをなめながら、もう一匹のをなめて乾かして
やっています。
その光景が、またおもしろくて、一匹は一方の側が終わると、反対を向き、

もう一方をなめさせる、もう一匹の猫にとってはたまったものではありません。
自分は、ゲホゲホ言いながら、2匹分、なめているのです。
「自分のは自分で乾かしなさいよ」と言ったところで、猫には通じません。
現在の猫に到っては、自分で乾かそうともしません、
濡れたまま、布団に入ってくるので一大事です。